上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。

週末は家を見学、また様子が変わっていました。
写真をまとめたら記事にしたいと思います。





さて、今日は階段のこと。
週末の工事現場見学後に言われたひとこと。



「階段吹き抜けにしたら広く見えない?」

「階段の天井を高くしたいなぁ~」




はい、出ました~。夫の希望後出しシリーズ!
第1弾はこちら→「立水栓を変えたい・・・だと・・・?」





2階の工事ってもうかなり進んでるんですよ。
コンパネ貼ってあります。配線もしてあります。
天井はまだの状態。

今現在、天井がないのでとても広く感じる。それは確かです。
でも天窓は追加はおそらくできない。(既に屋根がついています)
照明の位置も低いのです。(電球交換を考えると高い位置に設置できない)


夏は暑い空気が溜まり、冬は冷たい空気が溜まる。
夜は天井付近は真っ暗。天窓なし。
費用も高くつく。



デメリットの方が多いんではないの・・・?

階段の開放感って重要?
家の奥、トイレの上の階段に・・・?




なーんてマイナス方面の意見ばっかり出してしまうひねくれ者の私。
全く乗り気ではありません。





階段の天井の高さを上げたところで、2階廊下部分は上げるわけにはいきません。
どこかでレベル差がでます。
単純に好みの問題ですけど、
天井の高さ合わせた方がスッキリ見えるから好きなのです。





家が形になってから気がつく希望があることは分かります。
でも予算が・・・予算がぁぁ~~~。

立水栓はなんとかするから勘弁してください。

お願いです。お願いですから
予算額いっぱいまで使おうとしないでください。夫よ・・・


あなたご希望のホームシアター機材一式とかに
結構お金使っちまったんだよぅ。






そしてこの希望を通さなかったら、階段を通る度に

「あ~あ、俺の希望は何も通らない」

なんて言われそうな気がしてきました(´Д`;)ヾ





もしや・・・これは立水栓の希望を通すための作戦!?
お願い、そうだと言ってー!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
ポチっとしていただけると嬉しいです

スポンサーサイト


コメント

  1. totan | -

    ズキッときた記事です。予算額いっぱいまで使おうとしている男がここにも…

    そうなんです。私もホームシアター許してもらってます。あれ、相当な額です。反省はして納得しているつもりが、フツフツと湧き出るこの欲望を抑えてもらわないといけません。Tsubakiさん、ありがとうございます。少し抑えないといけないのが身に染みました。

    ( 13:12 )

  2. Tsubaki | -

    >>totanさん

    夫の希望を全て叶えたい気持ちはあるのですが、
    「新居で必要な家具家電のこと、時々でいいから思い出してください・・・」
    私は夫にこう言いたいのです(笑)

    家具家電購入で減っていく通帳の残高を見ていると、
    余裕があると嬉しいな~と思ってしまうんです。

    でも、節約して満足いかない家になったら本末転倒。
    兼ね合いが難しいですね。

    ( 14:06 )

  3. はな | n9XDtvKo

    初めまして。
    家造りのスケジュールがほぼ一緒のはなと言います。

    ご主人の要望…(しかも結構無茶)、Tsubakiさんのお気持ち、すごくわかります。
    うちの夫も本当に無茶なことを言い出します。
    しかも性質が悪いのが、思いつきで言って、自分で忘れてるところだったりします。

    上手にコントロールしつつ、いい家を建てましょうね♪

    ( 17:59 [Edit] )

  4. Tsubaki | -

    >>はなさん

    こんにちは、はじめまして!
    コメントありがとうございます。

    うちの主人も思いつきで言って、本人忘れていること多いです~!
    たまに工務店の方にも突っ込まれることがあります。
    仲間仲間ーと嬉しくなっちゃいました(笑)

    家が建つのも、夫に色々振り回されるのもあと少しなので、
    楽しんでいきたいですね!お互い頑張りましょう☆

    ( 09:52 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


Recent Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。